検査機器

当医院では、患者様の大切な眼に最高の治療をするために最新の医療技術であるOCT(光干渉断層計)を初めとした、検査機器を使用しております。どの様な検査機器があるのか、ご紹介いたします。

◆スポットビジョンクリーナー【新規導入検査機器】

子供の目の度数、斜視の有無をスクリーングとして測定します。













◆広角眼底カメラ(CLARUS500)【新規導入検査機器】

網膜、視神経、脈角膜、硝子体などの眼底の真写を撮影します。













◆屈折度眼圧測定装置(トノレフⅢ)【新規導入検査機器】

目の度数(近視・遠視・乱視)と目の硬さ(眼圧)を一つの器械で測定します。













◆静的視野検査(HFA)

視野の広さ、感度を詳しく調べます。













◆光干渉断層計(OCT)

物を見るのに最も大事な黄斑部の断面を撮影します。角膜や隅角の状態も撮影できます。(前眼部OCT)













◆静的視野検査(FDT)

視野の広さ、感度を短時間でスクリーングとして測定します。













◆屈折度測定装置(RC-5000)

近視・遠視・乱視がどのくらいあるかを調べます。













◆(左)ハンディーレフ (右)レンズメータ

ハンディレ:持ち運びが可能なので、どこでも目の度数を測ることができます。

レンズメータ:眼鏡の度数を調べます。













◆視力検査













◆細隙灯顕微鏡

前眼部(角膜・結膜・虹彩、水晶体、硝子体)などの状態を観察する検査をします。