【沖本眼科】広島県-広島市-東区/眼科/広島駅新幹線口より徒歩5分/近視・眼精疲労治療

       【更新日 平成28年7月20日

近視から疲れ目・眼精疲労治療にいたるまで目の病気のことは
広島県広島市東区の「沖本眼科」まで



     インターネットから初診受付がお申込ができます。
   今すぐ予約

確かな技術と最高の接遇で安心と感激を提供できる眼科を目指します

私共は「患者様に信頼され、愛されている眼科医院」と自負しております。
目の病気、目に関する心配事等がございましたら、ぜひ一度ご来院ください。




 
       

医院の紹介

交通アクセス

眼精疲労治療

主な眼の病気

こんな眼の症状は

患者様対象勉強会

学校検診


行事

思うがままブログ

光町コンタクト

■ 沖本眼科 ■
〒732-0052
広島市東区光町2丁目6-31
TEL:082-264-1320
FAX:082-264-1300


診察時間  土 受付時間
一般診療・眼精疲労治療
10分前まで

コンタクト処方   1時間前まで
9:00~13:00 ×
15:00~18:00
土曜14:00~17:00
×
 
【 休診日 : 木曜 ・ 日曜 ・ 祝日 】






28年7月06日 眼精疲労治療の感想を更新しました

28年7月05日 患者様対象勉強会を更新しました
  次は7月20日(水)  緑内障についてです

●お知らせ
視能訓練士を募集しています。詳しくは募集案内まで




疲れ目スッキリ!眼精疲労治療 

                 眼精疲労   パソコン、DVD、テレビゲームなどは、気が付くと数時間経過するものです。その結果、目の乾き、目の痛み、目がショボショボしたりすることがありませんか?・・・そんな眼精疲労の症状を緩和してくれる、こだわりの眼科治療を当医院は行っています。 

         ぜひ一度、眼精疲労治療をお試しくださいませ。



「近視・遠視について」

近視とは、屈折異常のひとつで遠くから目に入ってきた光が網膜(眼の奥の像が映る所)より
手前で像が結んでしまいぼやけて見える状態です。近視は、目の調節力をもちいても遠くが
見えるようにはならないので、遠くをみるにはメガネやコンタクトが必要です。

一方遠視とは、遠くから目に入ってきた光が網膜(眼の奥の像が映る場所)より後ろ像が結んでしまい
ぼやけて見える状態です。遠いところを見るところを見るときはもちろん、近いところを見る時にも
調節をしないとはっきり見えません。
但し、子どもの場合は遠視であっても調節力が強いので症状が現れない場合が多いです。
遠視は絶えず目の調節力を必要とするため、目と体が疲れやすく集中できず学習や仕事の
能率があがらないなどの影響が出てきます。
また、強度の遠視の場合余分な調節力が必要なため内斜視になったり、子どもの場合は
ピントが合いにくいまま矯正しないでおくと視力の発達が止まって弱視になる場合がありますので
注意が必要です。





初めて診察をうけに来院していただける患者様の待ち時間がなるべく少なくすみますように問診表を事前に
ダウンロードできるようにしました。
自宅や職場からダウンロードして記入して、持参してくださる方が多くなっております。

参照するためにはAcrobatReaderが必要です。
お持ちでない方は左のボタンからインストールしてください。
    
                                                                       
■個人情報保護方針