目・瞳・愛の3つの愛をあなたに

結膜炎は目が充血して、目やにが出る状態をいいます。原因には様々なものがあり、細菌やウイルスの感染、アレルギー反応、ドライアイなどにもよっておこります。
中でも、ウイルスのよって起こる結膜炎(ウィルス性結膜炎)は、感染力の強いことから「はやり目」と呼ばれています。

結膜炎とは

結膜は目の表面を覆う薄い透明な粘膜で、黒目(角膜)のふちからまぶたの裏まで覆っているピンクの部分からなります。
目の表面の粘膜には、目に入ってきた異物や病原体が目の中に侵入するのを防ぐ働きがあります。
結膜炎になると白目が充血して赤くなり、めやにや涙がでたりします。まぶたがはれることもあります。
はやり目の主な症状は?
急に白目が赤くなったり(充血)、目やにがでます。目やには大量で、朝起きたとき目やにで目が開かないくらいになります。また、まぶたの裏側にぶつぶつができて、かゆみ、しょぼしょぼ感、ごろごろ感、まぶしい感じなどがあらわれます。

細菌など他の原因による結膜炎に比べ症状が重いことが多く、耳の前のリンパ腺の腫れ、白目がブヨブヨしてくる、発熱などが起こることもあります。

はやり目の種類

ウイルス性結膜炎の中でも、人にうつりやすいものを「はやり目」とよびます。これには、流行性角結膜炎、咽頭結膜熱、急性出血性結膜炎の3つがあります。

流行性角結膜炎(アデノウイルス8型、4型、19型)

感染して7日~14日で発病します。この結膜炎は症状が非常に強く、まぶたの裏側のブツブツや充血、まぶたが腫れる、涙がたくさんでるなどの症状があらわれます。はじめの1週間は症状が非常に強いのですが、次の1週間で落ち着き、その後の1週間で治っていきます。完全に治癒するまでにはおよそ3週間ほどかかります。

咽頭結膜熱(アデノウイルス3型、4型、7型)

感染して5~7日で発病します。プールで感染することが多く、プール熱とも呼ばれています。結膜の症状は流行性角結膜炎よりは軽いのですが、結膜にブツブツができます。全身の症状が強く、発熱や咽頭炎を起こします。発病して5日くらいで症状が軽くなり、1週間~2週間で治ります。

急性出血性結膜炎(エンテロウイルス70型)

感染して1日~2日で発病します。突然眼球結膜に出血を起こし、ゴロゴロ感や充血、涙がたくさん出るなど、流行性角結膜炎によく似た症状が現れます。症状がよく似ているため、初めの内は区別がつかないこともありますが、治るまでに流行性角結膜炎が3週間かかるのに対し、急性出血性結膜炎は1週間~10日ほどで治ります。

ウイルスによる結膜炎には、「はやり目」のほかに、単純ヘルペスウイルスや帯状ヘルペスウイルスによるものもあります。しかし、これらのウイルスはひとにうつることはまれで、はやすこともありません。

ウイルス性結膜炎の治療法

ウイルス性結膜炎は感染したウイルスに対する免疫ができて、自然に治るのを待つしかないのです。特効薬はありませんが、炎症をおさえたり、他の感染をおこさないなどのために点眼薬・眼軟膏を使用します。
ウイルス性結膜炎は、片方の目から症状が出ます。その時期には症状のある目だけに点眼してください。もう一方の目は、症状が出るのが遅いほど軽くすみますが、両眼に点眼すると点眼薬の容器から感染することがあるからです。

結膜炎の症状が治まってきた頃に、黒目(角膜)の表面に小さな点状の濁りが出てくることがあります。このときに治療をやめると、黒目が濁って視力がおちてくることがありますので、医師がいいというまで点眼などの治療を続けるようにしましょう。

感染予防対策

「はやり目」と診断されたら、家族やまわりの人にうつさないように注意する必要があります。
ウイルスは、目をこすったりふいたりしたハンカチなどから、うつる危険があります
目やにや涙が出ると、つい目を触りたくなりますが、このような時はティッシュペーパーなど使い捨てのものでふき取り、専用のビニール袋に捨てて、掃除のときにゴミ箱の中身に触らずにすむような工夫をしましょう。
★手を流水や石けんでよく洗う目を休ませる
★休養をとって体力を落とさない
★人ごみへ出かけない
★医師の許可があるまでプールに入らない
★タオル、洗面用具などは家族のものと別にする
 (ウイルスは熱に弱いので、タオルや食器などは煮沸消毒をするようにしましょう)
★お風呂は最後に入る
<ウイルスは目に見えないので完璧な感染予防は難しいのです。学校や職場でもうつるとも限りませんので、医師の許可があるまで休むようにしましょう。