目・瞳・愛の3つの愛をあなたに

勉強会の内容

緑内障とは

緑内障とは、視野が欠けていく病気です。視野が欠けると、転んだり・階段を踏み外したり怪我につながる恐れもあり最悪失明に至ることもあります。
現在、進行と止める薬はありますが一度かけた視野はもとに戻らないので、一生不自由ない生活を送るには早期発見と治療継続が大切です。
緑内障は失明原因のトップです。
日本人の7割は正常眼圧緑内障と言われています。正常眼圧緑内障とは、眼圧が正常範囲内(21mmHg以下)にも関わらず緑内障を発症している症状です。どのタイプの緑内障でも基本的な治療は目薬にて眼圧を下げることです。今は効果の高い薬も出ているので、いかに早期発見し治療を始めることが大切です。また、検査機器の向上で眼圧や眼底検査など短時間で検査ができ早期発見が可能です。定期的に検査を受けましょう。

どんな病気?

具体的にどんな病気かというと、緑内障は脳につながる神経が痛む病気です。神経が痛むので治ることはありません。神経が痛むというのは、高い眼圧で目の奥にある視神経が圧迫されることによるものです。但し、正常の眼圧は10mmHg~21mmHgといわれていますが、10mmHg以下という眼圧がとても低い状態でも視神経が弱い方は緑内障になる可能性があり、逆に21mmHgでも神経が強い方は高眼圧症で要注意とはなるが緑内障ではないケースもあります。レーシックの方は、目の表面の角膜を削っていて壁が薄くなった状態なので眼圧も低く出るので予め医師に申し出ましょう。そうなると、重要なのは眼底の状態となってきます。
そして、緑内障のやっかいなところは、進行が僅かずつということと、両眼でお互いの視野をカバーしているので自分で変化を気づくこと難しいということです。20~30年かけてゆっくり進む為、かなり見えにくくなるまで自分で変化を感じられません。このような点から目薬の継続率が悪いという面もあります。もちろん、点眼を続けないと確実に悪化していくので緑内障と診断された方は点眼を忘れないようにしましょう。

白内障と緑内障を似たものと考えられる方も多いですが、全く別の病気です。白内障は手術で治るが緑内障は一度ダメージを受けると戻らないので注意しましょう。

実施日時

平成29年7月21日水曜日 13:30~14:30

患者さまからの質問

Q:内科の先生から眼圧を診てもらうように言われました。
検査時眼圧を測ってくださいと伝えればよいですか?
→基本的には眼圧は月に1度は測らせていただいています。
ちなみに、内科からが眼圧のチェックを進められる理由は緑内障発作がでやすい目の構造をされている方がいらっしゃるからです。そういった目の構造の方は内科処方の薬で急激に眼圧が上がることがあるので注意が必要です。

Q:白内障になった人は緑内障になりやすいことはありますか?
→関係ないので安心してください。ただ、緑内障は40代で20人に1人はかかっているといわれており、さらに年齢を重ねていくにつれて緑内障にかかるリスクは上がってきます。

Q:以前と比べて視力が低下してきました。緑内障ですか?
→緑内障と視力は基本的には関係ありません。
視力低下の原因となる病気が隠れていることもあるので眼科にて検査を受けて頂ければ安心と思います。

Q:緑内障で特に気をつけなければならないことはありますか?
→特に気をつけることはありません。しっかりと点眼をして頂ければ問題ありません。
こういった夏場に水分をたくさん摂ると一時的に眼圧が上がることもまれにありますが特に問題はありません。
Q:紫外線が強い時サングラスをかけた方がいいのか?
→かけたが良いです。紫外線は目にも影響し翼状片や加齢黄斑変性、白内障を引き起こす原因にもなります。目から入ってくる紫外線で肌の日焼けも引き起こすといわれております。

Q:緑内障は最終的には失明するの?白内障は?
→緑内障は、そのまま放っておくと視野が欠け、失明してしまうリスクが上がります。
白内障はそのまま放っておいても失明することはありませんが、視力が低下しスリガラス越しにものを見ているような見え方になり、見えにくくなります。しかし、白内障は緑内障と違って手術をすれば、見えるようになります。