目・瞳・愛の3つの愛をあなたに

近視とは、屈折異常のひとつで遠くから目に入ってきた光が網膜(眼の奥の像が映る所)より
手前で像が結んでしまいぼやけて見える状態です。近視は、目の調節力をもちいても遠くが
見えるようにはならないので、遠くをみるにはメガネやコンタクトが必要です。

一方遠視とは、遠くから目に入ってきた光が網膜(眼の奥の像が映る場所)より後ろ像が結んでしまい
ぼやけて見える状態です。遠いところを見るところを見るときはもちろん、近いところを見る時にも
調節をしないとはっきり見えません。
但し、子どもの場合は遠視であっても調節力が強いので症状が現れない場合が多いです。
遠視は絶えず目の調節力を必要とするため、目と体が疲れやすく集中できず学習や仕事の
能率があがらないなどの影響が出てきます。
また、強度の遠視の場合余分な調節力が必要なため内斜視になったり、子どもの場合は
ピントが合いにくいまま矯正しないでおくと視力の発達が止まって弱視になる場合がありますので
注意が必要です。