目・瞳・愛の3つの愛をあなたに

勉強会の内容

緑内障とは

眼圧が高くなり視野が欠けていく病気です。そして失明原因第一位の病気です。
なお、眼圧の正常値は10~21mmHgといわれています。
また、緑内障にはいくつかのタイプがありますが、その中でも、日本人では眼圧が正常である正常眼圧緑内障が7割を占めます。
40歳以上の20人に1人が緑内障といわれています。

緑内障の治療

主に、点眼薬によって行われます。
点眼薬による治療は続けて点眼していただく事が大切です。

緑内障に罹患すると

20・30年かけてゆっくりと視野が欠けていきます。そして一度欠けた視野は元には戻せません。
また、片方の目だけ視野が欠けても、正常な方の目が補うので自覚症状がありませんので、御自分で片方の目を隠して見え方を確認してみてください。そして定期的に検診を受けていただく事が大切です。

緑内障の検査

視野検査・眼圧検査・眼底検査・OCT検査を行います。

実施日時

平成30年10月24日水曜日 14:00~15:00

患者さまからの質問

Q.緑内障は両眼なりますか。
   A.なります。ただし片眼ずつで同時にはなりません。

Q.20年前に白内障の手術をして、また見えなくなったと言っていた。白内障の手術は20年しかもたないのですか?
   A.一度手術を行えば、白内障による視力低下は基本的にはおこりません。

Q.朝起きた時に目を擦ってしまうのですが、やはり良くないですか。
   A.強く擦るのは控えましょう。

Q.白内障の検査を知りたいです。
A.当院では、診察室でスリットランプといわれるもので直接目を診ています。

Q.緑内障の目薬がしみる時としみない時があります。大丈夫でしょうか。
A.もともと緑内障の目薬はしみるものが多いです。大丈夫です。
目にゴミなどが入っているとしみやすくなる事があります。

Q.目薬がしみないと、効いてないように感じてしまう。ちゃんと効いていますか。
A.しみなくても、しっかりと効いております。